The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
理想と空想
2007-03-07 Wed 03:41

さて日記に書けなかった事を…
というか日記に書きたくなかったことを書きます。

日記でも言いましたが、
この場に書くことが正しい事か、
正しくない事か正直わかりません。
『ブログも日記も同じ。』
そう思う人にはそう感じるだろうし、
はたまた時には
『何を書こうと関係ないだろ?』
と思う人もいると思います。
と言うかきっとそう思う人が大半なのかもしれません。

僕…オレ自身そう思う事はあります。
そう思って書くことのほうがほとんどです。


でも書いた後に思う事、
それは決まって、
『コレを読んだ人はいい気分になれるだろうか?』
そんな事を思います。


人の悪態や愚痴。
ましてや文字と言うカタチに残るものに、
それらを残し。
それを見た、読んだ人、
振り返って読んだ自分。
それらは皆いい気分になれるのか?

まずなれないだろう。
結果は見えています。
そう、討論する必要性も、
実際話題にもなりえない話題。

だと言うのに書いてしまう自分がいる。



言葉は刃物。
時として肉体に与える以上に言葉は鋭さを増し、
人を抉-エグ-る。

言葉は言霊。
それぞれの言葉には意味がこめられる。
それは時には考え、望み、愛と言った思いであり。
時には悲しみ、苦しみ、憎悪、呪いといった気持ちが宿り、
それらの力を使って
人々は人々に自分の『言葉』を伝える。


これが僕の言葉の認識。

ここまで理解…
いやそう思っているのに、
尚この場に書こうとしている自分は
まだまだ人として、
甘いのでしょう。
そしてまだまだ子供なのですね。



判っているけどやる。
判っているからこそやる。
これらはもはや人の性-サガ-なのかもしれません。





前置きが長すぎますね。
では書きましょうか。
先に言っておきましょう。
コレを読んで馬鹿にするのも、
笑うも勝手です。
人それぞれの感性の違い。
どうする事も出来ませんから。
でも何処かで納得できる所が…
共感できる人が1人でもいたなら、
此処に書く意味はそれだけで在るのかもしれません。


では書きます。
自分の中の性に沿って、
僕の中の葛藤を。





自分の中に思い描く理想。
それらを持っているでしょうか?

そうありたいと…
そうでありたいと
心に描き求める最善の目的や状態を。
持っていますか。



オレは少なくとも持っている。
『誰もが傷つかず、笑っていられる状態』
それがオレの…和弥と言う一個人の理想だ。



……………
『君は利他主義だ。』
高校に入り二年になって、
彼女と付き合い始めたときに言われた言葉です。
彼女に悪意がなくても
正直その言葉にはカチンとしたし、
実際オレはあの時怒っていた。


『自分が少し苦労するだけで
他の人が笑えるのならいい』
そんな、はたから見たら
偽善たらしい言い分をするのがオレである。
正直これで後悔するとは思わなかったし、
実際に後悔などはしていない。


でも何が気に食わないのか、
最後まで彼女はオレの
利他主義を認めはしなかったし、
それ以降正直付き合っていたくはなかったし、
もぅ終わりだな。と何処かで
時間の問題と割り切っていたのも事実。
まぁずっと考えているうちに
喧嘩やらなんやらで
向こうから振ってくれたのが良かったとゆうか、
ある意味情けないとゆうかなんだけど。



失礼…
話がずれました。



…とまぁそうゆう理想を持って生きていたし、
人の生き方に口出しする奴がいれば反発した。


でもそれから何処か納得できない部分があったのも確か。
本題はそれなのだが。
正直『利他主義』と言われ、
深く考え自分の理想と重ねた時、
心臓がドキッとした事も在った。



何処かで気付いてたのでしょうね?
『誰もが傷つかず、笑っていられる状態』
そんなものは存在しないと。
『何もかもを助ける事など出来ないと。』
それを考えさせてくれたと言うの事は
付き合ったことは
ある意味間違いではなかったのかもしれない。


普通に考えてみれば当たり前の事だ。
オレ1人の力ではどうする事も出来ない問題だってあるし、
この世に存在する全ての人を把握し見守っているわけではないのだから。


ようするにオレがやろうとしている事は、
正義の味方の定理と同じなのだ。

そうだな…例を出すならば、
昔ながらの不良がいるとしよう。
その不良はA君からお金を巻き上げました。
それを見つけたオレは不良を懲らしめ、
A君はお金も戻り、危機から助かり
めでたしめでたし。



…そうただそれだけの、
ごく普通の事。
はたから見れば良かったね♪ですむ事。

でもこの時点でオレは完璧な矛盾を犯している。
確かにA君は最後には笑っていたかもしれない…
でも懲らしめられた不良はどうだ?
笑っていただろうか。


否、笑っている筈がない。

『誰もが傷つかず、笑っていられる状態』
を理想としているオレが、
その不良を傷つけ、笑いをなくさせたのだから。
矛盾もいいところだ。

そう所詮誰もかもを救う事など出来ない。

救われるのは、
救えるのは、
正義の味方が味方した方だけなのだから。



それ故、
それらの理想…
オレの思い描く理想は、
所詮空想に堕ちるだけ。


判りきっていた事。

判りきっていた事だけど。

いざそれと向き合うと悲しいものがある。
簡単に言えば…
それはこの世から争い事は
消えない事を意味するのだから。


だから頑なに拒否してきた。
認めたくないから怒ってきた。
なのに結局それに納得している自分がいる。
どうしようもない。




自分の描いた理想。
それを今でも掲げるのは馬鹿な事なのか。
間違いなのか。

その答えを探す為の葛藤。
正直そこまで深く考える必要なんて
ないのかもしれないけど、

今までやってきた事は無意味な事だったのかもしれない。
とそう思うだけで正直…腹が立つ。
だからちゃんと答え見つけなきゃ。
オレはそうやって自分と向き合わないと
とことん溜め込む性質を持つらしいから(他人曰く

だから他の人からしたら些細な事でも、
どぉでもいいことでも、
真面目に向き合わないといけない。


それに向き合って、
最後に出た答えはきっと
いい答えの筈だしwww
とまぁそんな願望を持っているわけですよwwww

ってかよくもまぁこんなかたっくるしくて
間抜けで、答えなんか決まっているような葛藤を
此処まで読んだね~?
あなたも相当物好きとゆーか
なんとゆーかwwww


まぁ此処に書いているうちに
まとまったってのも在るけどねwww
途中から明らかにまとまってたからwwww
正直書く必要もなかったんだけどwwww
日記にあそこまで書いたら書くしかないじゃん?wwww


とまぁ最後はそんなグダグダで終わらせますよwww

そいでは
オヤスミナサイ♪
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<もうすぐ | ぶろぐ Little-by-little | 昨日の事ですがwww>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ぶろぐ Little-by-little |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。